このサイトでは皆様からのエロい話を買い取っております。詳しくはコチラ。

【体験談】妻を少年に寝取られた…

嫁と出会ったのは大学1年のサークルイベントだった。
4つの大学と合同のイベントで、嫁は女子大の1年生。
ショートカットでボーイッシュな見た目で、今にして思えば昔ショートカット時代の上戸彩っぽい女の子だった。

先輩も同年代の奴らもそんな嫁には見向きもしなかった。
掃除担当をしていた俺は、偶然にも嫁達の女子大生グループと組む事になり、そこで初めて嫁と会話し実は成熟した体を目の当たりにした。
寒かったのでジャージを着ていた嫁は、作業中に暑くなりTシャツ姿になったんです。
男の子っぽい外見に想像以上の巨乳。
ブリンと盛り上がったTシャツの胸を見た瞬間、嫁への感情が昂ったのを覚えている。

最終日に勇気を出してメアドを交換して欲しいと告げ、困った表情をしながらもハニカミながら嫁は「いいよ・・」と交換してくれた。
その日から毎日のようにメールをし、1~2週間後に初めてデートをした。
童貞だった俺は勇気が出せなくて、初めて手を繋いだのも嫁からだった。
そして1人暮らしの部屋に誘われ、ムードまで全部作ってもらった。
「アタシ初めてだから」「あっ、俺も」キッカケは全て嫁からだったように思う。

「舐めるんだよね?!」嫁にそう言われて初めてのフェラチオ体験。
歯が時々当たって痛かったが、初めて見る生の巨乳に大興奮だった。

1回目は失敗に終わり、2回目にやっと挿入できた。
痛がるのでほとんど動かなかったが、前戯での濡れっぷりは相当だったと思う。
入れては少しだけ動くセックスを何度も重ね、ようやく腰を動かせるようになっていった。

乳首や胸、アソコや耳などの性感帯はもちろん、他の部位までが超敏感だった。
バックの時に背中を舐めたり触ったりするだけで、体をビクビク震わせるほど。
恥ずかしがっていたクンニでは、驚くほど汁が流れ出ていた。

そして初めてのセックスから半年ほど経過した頃、嫁はクンニで初めての絶頂を経験。
こんなにも簡単にイクのか?と驚いたが、クリを舐めながら指を入れるだけで、簡単に絶頂をむかえてしまう。

酔わせて白状させてみると、小学生の頃からクリオナを経験していると聞いた。
だから相当長い期間オナニー三昧だったという。
次第に心を曝け出せる間柄になっていくと、嫁のドスケベっぷりには驚くばかりだった。
手首を縛られて固定されたい、目隠しもされたい、乱暴に腰を振られたい、動け!と命令されたい、口の中に出されたいなどなど、言われて俺も嬉しかった。

ボーイッシュだった髪型がセミロングになり、俺が見ても色気が増してた嫁。
知ってるだけで6人に告白されるぐらい変わっていってた。
3年生になる頃には、出来る範囲の変態行為はしてたと思う。
俺の名前で購入したオモチャは、全部で10個以上。
コスプレも大好きで、イベントがある時はいつもコスプレしながらセックスしてた。

風呂場でローションプレーをしてた時、初めてアナルに指を入れた。
スムーズに抵抗なく無いっていくし、予想と反して喘ぐ嫁。
そのままゴムをつけてチンコを挿入したが、亀頭だけで精一杯に終わる。
でもそれを何度も繰り返しているうちに、亀頭から竿へ、半分ほど、根元付近まで挿入。
アナルバイブまで購入して、2穴セックスに没頭していってた。

長くなったのでこの辺で話を飛ばしますが、実は相当な淫乱女だったという事です。

大学を卒業し、それぞれ就職しました。
淫乱でドスケベな嫁は、俺以外に男を知りません。
だから他の男に取られるんじゃないかと、嫉妬が倍増していきました。
会社の飲みだからと夜遅くまで飲む日があったり、朝帰りする事もありましたし。
でもどうやら社内の男達には見向きもしなかったようです。
だって嫁は同年代や年上よりも、もっと年下の方が好みだったんですから。

社会人になって3年目の秋、嫁と結婚をしました。
まだ子供は・・・と互いに相談し、2人だけの生活を満喫していました。
結婚して10ヶ月ほどした頃に、嫁の親戚が住んでいた一軒家に引っ越しました。
4年間の転勤で空き家になるからという理由で。
割としっかりした家だったので、嫁は思う存分声をあげて狂っていました。
俺も元気だったので、全裸にエプロンで出迎えてくれる嫁を玄関先で抱いたり、リビングや廊下、階段などでもセックス三昧。

でも部署が変わって忙しくなってからは、週2~3回していたセックスが1回あるかないかに。
日曜日は接待のゴルフへ行く事が多かったので、嫁の性欲は限界だったのかもしれません。
それでも俺が知る限り男は俺1人しか知らなかったし、職場でも浮気などはしていなかった嫁だったので、無防備にも安心し過ぎていたのかも。

忙しくなってしばらくした頃、嫁が「暇だからバイトしようかな」と言い出した。
いずれマンションを購入する予定だったので、俺は喜んで薦めました。
嫁は昔から堪能だった英語を武器に、小中学生向けの英会話教室で働く事に。
働き出してからの嫁は随分明るくなり、俺も安心して充実した毎日を送っていました。

バイトをし始めてから1年ほどした頃だったと思います。
金曜の夜から日曜にかけての出張がありました。
日曜日に家を空ける事は多かったけど、金曜からというのは滅多にありません。
「ゴメンな」と謝りましたが「仕方ないもんね、頑張って」と快く見送ってくれました。
ちょっと物思いにふけるような仕草をしていたので、可哀想な事をしてるかもと思って、早く仕事後わるよう出張先で頑張り続けました。
その結果、予定よりだいぶ早く終わる事になり、俺は日曜の午前中には新幹線に乗ってた。

お昼を少し過ぎた辺りに最寄駅に付き、ケーキを買って家へと向かいました。
慌てていたせいで煙草すら吸って無かった俺は、途端に吸いたくなったんです。
とりあえずケーキを置こうと玄関のドアを開けようとしましたが、案の定カギは掛っている。
室内では禁煙でいつも庭で吸っていた俺は、そのまま庭に向かいました。
嫁が気が付いたら「ただいま」と言おう。
気が付かなければまた玄関から入ろう。
そう思いながら庭に到着し、煙草に火を付けて椅子に座りました。

住宅街の昼間はやけに静かで、煙を吐き出す音が目立つほどでした。
そんな状態でどこからか女の声が遠くで聞こえてきました。
耳を澄ませるとそれは喋り声ではなく、喘ぎ声というか小さな叫び声みたい。
隣近所の室内で、盛りのついた猫が叫んでいるような、でも本当に微かな声でした。
別に気に掛ける事も無く、煙草を吸い終わった俺は玄関へ。
出掛けるとは聞いていなかったし車もあったので、嫁はいると思っていました。
だから驚かそうと鍵を静かに開け、中にこっそり入った途端ビクッとしました。

さっき聞こえてた盛りのついた猫みたいな声が、家の中から普通に聞こえてきたんです。
しかもどう考えても嫁の声。
えっ?と思い下を見ると、男物のスニーカーが。
どういう事?何?えっ?と軽くパニックになりました。

靴を脱いで静かに廊下を進むと、声の先はリビングからです。
昼間っから声を出してオナニーでもしてるのかと思いたかった。
スニーカーを見なければそう思っていたと思います
そんな俺をシカトして、リビングからは嫁の激しい喘ぎ声が聞こえていました。
嫁ははっきりと「イクっ!イクッ!イッちゃうーっ!」と叫んでました。
足はガクガクするし、持っていたバッグやケーキを落としそう。
1分ほど静かになったかと思ったら、またもや嫁の叫び声が始まりました。

「もうダメぇー!もう許してぇーっ!」
「いやぁんっ!おっきいの!おっきくて硬いの!」
嫁の狂ったような声を聞きながら、ふぅ~っと意識が遠のきました。
どうなったかは分かりませんが、フッと意識が戻った時も、まだ嫁は喘ぎ続けていました。
俺は壁に寄り掛かりながら必死に倒れないようにしてたみたい。
そこからは地獄のような時間でした。

「トシヒコ君、もう出して!もう我慢しないでイイのよ!」
「イイの、いいの、そのまま出してっ」
「んやぁーもぉーすごいのっ!すごいのぉっっ」

嫁は「あんあん」ではなく、そんな言葉を連呼していました。
そして「マミさん、もうイキます!イキますっ」と男の声が聞こえました。
嫁は「きてっ!きてぇっ」と何度も叫んでいました。

フラつきながらも、俺は静かに玄関から出ました。
どうして良いのか分からず、ここにいちゃまずいんじゃないかと思ったんです。
でも自宅だし、どこに行けば良いのかすら思い浮かばない。
だからまた庭へと向かって、震える手で煙草に火を付けました。
何本も吸って放心状態だった俺は、そのまま時間を忘れて座っていました。

玄関の扉がガチャと開いて素に戻った。
座っていた場所は回り込まないと見えない場所でしたが、立ち上がってフラフラしました。
でも「乗って」という嫁の声を聞き、車の扉が閉まる音を聞き、なぜか冷静になりました。
車庫から車が出て行った後、煙草を1本吸ってから中に入りました。
どうしようか迷いましたが、リビングへ入った俺はヒザから崩れそうでした。
ソファー横の小さなテーブルには、いつも使っていたバイブとローターが。
そしてご丁寧にもその横には黒い下着まで。

リビングはムワッとしていて、セックスをした後の湿っぽい空気。
吐き気を覚えた俺は、寝室へと駆け上がりました。
トランクス1枚になってベッドに腰掛けていると、嫁の車が戻ってきました。
恐怖のあまり泣き出しそうになりましたが、俺は知らぬ顔を通そうと決めました。
「もう帰ってるのぉ?」という声が聞こえ「あぁー今帰ってきた」と答えた。
嫁は「早いなら言ってよぉ~迎えに行くのに」とバタバタ小走りでリビングへ。
ベッドに腰掛けたまま「んあぁ~」と答えた俺は、頭をずっと抱えてました。

その日から嫁への態度をどうしたら良いのか分からず、「何かあった?」「どうしたの?変よ?」と毎晩言われ続けました。
嫁を抱く気にはなれず、疲れているで通すだけ。
日曜日になり、ゴルフの接待へ出掛けました。
でも頭の中はあの日の事ばかりで、もしかしたら今日も浮気してるんじゃないかと疑うだけ。
帰宅するといつもと変わらぬ嫁の態度に複雑な思いでした。

いてもたってもいられなくなった俺は、ICレコーダーで録音する事を決意。
日曜日の早朝、リビングの本棚の本の裏にレコーダーを仕込んでいきました。
夜に帰宅して嫁が風呂に入ってる隙に取り出し、トイレの中でざっと聞いてみました。
やはり嫁の喘ぎ声が入っていたので、恐怖のあまりスイッチを切ってしまいました。
中身を聞いたのは月曜日の午後。
車の中でメモリーカードをノートPCへ入れて再生。
会社の裏にある駐車場だったので、音は気にせずどんどん早送り。
嫁の声が聞こえたので少し戻して聞き直すと、「お邪魔しま~す」という男の声。
「どうぞぉ~」と招き入れる嫁。
トシヒコ君と嫁が言っていたので、前に聞いた名前だと気が付きました。

嫁は食事を作っていたらしく、男はそれを「美味しい美味しい」と食べている。
その食事中の会話は信じられない内容でした。
浮気しているのはもしかしたらバイト先の男かな、と思っていた俺。
でも話からすると、どう考えても違うんです。
「去年までいたんだから分かるでしょ~?」
「どうだろ、1っこ下でしょ?見た事ないなぁ」
「同じクラスのミワちゃんと同じ中学って聞いたけど?」
「××三中?」

生徒の話をする2人。
ボリュームをあげて聞きいっていました。

「1つ下なんだから教えてあげなよ」
「もうイヤだよ~受験も終わったのに勉強したくねーもん」
「高校でしてないの?」
「してるけど、それだけでもう十分でしょ」

どう考えても、これはヤバいでしょと思いました。
相手はバイトしてる英会話教室に通っていた男の子で、今は現役の高校生。
そんな高校生を家に招き入れて、あんな事をしていたなんて。
嘘だよな?ありえないよな?と思いながら、早送りして行きました。
期待はやっぱり簡単に裏切られていました。
途中からはまた嫁のデカ過ぎる喘ぎ声が入っていたんです。

その喘ぎ声は1時間以上も続いていました。
途中途中を早送りして飛ばし、帰宅するまで聞いて茫然。
その音声だけでは確定してないかもしれませんが、どうやら嫁の方が積極的なんです。
男の子の方は少し遠慮がちで、イキそうになっては嫁に寸止めされてました。
「まだイッちゃダメよ」と。
ゴムをつけていたのかは分からず、そのまま出してと嫁は言ってました。

結果から言うと、離婚しました。
興信所に頼んで接待で出掛けた日曜日に、出入るする写真を撮ってもらいました。
男の子の名前も実家もすぐに判明し、また録音しておいたので音声は2つに。
それを嫁に突き付けて浮気を認めさせ、用意していた離婚届けを書かせて終了。
事が事だけに、両親や友人などには相談できなかったみたい。
嫁の両親からは「気持ちが離れた」みたいな事を聞きました。

今でも昔を思い出しては、信じられない気持になります。
どこでどう狂ったのか、俺の知らない嫁がもしかしたら昔からあったのか。
もう随分と時間が過ぎたので、今では嫌な思い出って割り切れています。
これで終わりますので、何か質問があったら言って下さい。

>高校生は浮気がバレたの知らされたの?
いや、元嫁が言ってなかったら知らないと思います。
未成年だから下手に騒ぐと大変だと分かっていましたし。
離婚してその地域からもすぐに越したので、その後はどうなったかは俺にも・・・

>どんな音声だったか詳しく!
2回目は確認が目的になっていたので、早送りばかりであんまり覚えてません。
1回目ので覚えてる内容だと、食事が終わってからイチャイチャしてたっぽい。
ソファーでバイブを使っていたようで、初めのうちは男の子も参加してたのかな。
「もっとよく見て?近くで見てぇ~見ながらシコシコしてぇ」とか言ってた。
「はぁぁ硬いわぁ~凄い硬い」と卑猥な事を言いながらのフェラ。
男の子をソファーに座らせて上に乗って腰を振っていたようで、「イッちゃうから」と男の子に言われつつも、我慢させ続けてた。
3回戦もやってて、1回目は口に出したっぽくて、2&3回目はゴムの中か中出し。
シャワー浴びないでやってたみたい。

>寝取られの血は騒がなかった?
騒ぎませんでしたねぇ。
他人の話だと少し興奮はしましたが、当事者になると吐き気さえ覚えました。

>実は根っからのクソビッチだったとか?
そうかもしれません。
会社に勤めていた時も、俺が気が付かなかっただけかも。

>ハメ撮りとか無いの?
残念ながらないです。
録音した音源さえも、そのまま渡してしまいましたし。
こうして書くつもりだったら残しておいたのですが。

>どのくらい浮気されてたの?
言われただけなので信用出来ないかもしれませんが、俺が気が付いたあの日が初だって。
初めて家に招待して、そのままセックスまでしたと言ってました。
会話からするともっと前からしてるっぽかったけど。

>訴えれば楽しかったのにw
もう関わり合いたくないって思っていましたので。
勝手にしてくれって感じでした。

>離婚後に会った?
荷物整理などで何度か会ったけど、一言も会話は無し。
媚びるような目が余計イラついたので、俺の表情に怒りが出てたんじゃないかと。

>突き付けた時の反応は?
口を押さえてただただ焦りまくってた。
どういう事?っていう話ではなく、離婚するからという流れ。
途中から涙がボロボロ出てたけど、それ以上に怒りあったから可哀想とか思わなかった。

>気が付かなかったら今も別れなかった?
それはおそらくそうだったと思います。
20代でしかも子供がいない状態で気が付いて良かったと思ってます。
子供がいたら離婚とかできなそうだし。

それではこれにて終わりにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!